調味料をホンモノに!自分のモノサシの作り方

ホンライあるべき調味料を、自分のモノサシ(基準)で選べるようになるように…。そんな発信をしています。

ホンモノって…⁈

「食の大切さに気付いたら、まず調味料からホンモノに…」というコンセプトで、

もう6年ほど調味料講座をしています。

 

私の中で、「ホンモノ」という言葉はとても大切に使ってきていて、

講座の中でも、ホンモノとは何か…ということを冒頭でお話ししています。

 

ただ、この1年引っ越しをして私のことを知らない方が多い中で

また新たに講座などの仕事をしていくことになったとき、

このコンセプトを少し変える必要があると判断しました。

 

芯・思いはまったく変わらないけれど、

伝え方を変えないと、伝わらない気がしました。

 

そこで、もう一度、自分の中で「ホンモノ」って何だろう?と自問自答するようになりました。

 

そもそもホンモノって!?

調べてみると…


ほんもの【本物】
① 本当の物。偽りでない物。 ⇔ 贋物にせもの 「 -の味」
② もとの物。実物。 「 -と同じ大きさに作る」
③ 本格的であること。 「あの人の絵は-だ」 「ここ二、三日の冷えこみは-だ」
出典 三省堂大辞林 第三版について

このように出てきます。

 

使い方にもよるけれど、一般的に、①の考え方でとらえるのではないでしょうか。

なので、ホンモノの調味料の反対は、ニセモノの調味料。

 

ニセモノの調味料というと、添加物が入っているとか、自然な方法で造られてないなどのことを言い、ニセモノと区別するために「ホンモノ・本物」という言葉を使う人・イメージする人が多いと思います。

 

なので、私が講座の告知で「ホンモノ」と使えば使うほど、添加物の話しやカラダにいかに良い・悪いということを伝える講座ではないか‥という風にとられてしまっているような気がしたんです。

 

ただ、私の使っている意味は違います!

ホンモノって、自分の中で納得したものを選んでいたら、どんなものでもホンモノだと考えています。

 

例えば、調味料でいうとなぜこの調味料を買ったのかということに

何となく良さそうという感覚ではなく、

理由をはっきり言えるものを購入していれば、それで〇。

 

その基準をどのように持つかという考え方を伝え、自分の中の「ホンモノ」を見つけて行く講座です。

 

原材料のことや工程のこと、そして調味料メーカーさんのことをお伝えすることで、

たくさんある商品から、自分が一番重視したいところは何か考え、選ぶ基準を作っていくこと。

 

それがホンモノかな…と。

 

毎日使う調味料を、自分の基準で選べるようになると、料理も生活も1ランクUPした感覚になって、楽しくなる!

私はそんなことを伝えたいと、講座をしています。

 

で、新たなコンセプト!

ホンモノ⇔ニセモノと捉えがちなところを区別したい!

「ホンモノ」という言葉はこれからも使っていきたい!

 

そんな思いで、色々と考えた結果、行きつきました。 

ホンライあるべき調味料を、自分のモノサシ(基準)で選べるようになること…」

 

自分のものさし(基準)が作れる!ホンモノ講座みたいな感じかな。

 

こじつけ感はあるものの(笑)、私の伝えたい言葉かなと思います。

 

良く使用しているこの写真も、変更しないといけないな!

(って、写真も4~5年前~。)

f:id:choumiryou_evangelist:20180124111908p:plain

 

 -----

講座スケジュール、お問い合わせなどはHPより

www.kids-na.jp