調味料の魅力に迫ろうじゃないかい!

普段の活動のことなど、発信しています。

メーカー見学のススメ①

調味料の講師になる前から、

家族旅行で調味料メーカーさんを訪ね、見学させていただいています。

 

現在、153件ぐらい(曖昧ですが…)

同じところに何度も行くこともあるので、回数にしたら2000件。

そのメーカーさんが作られている商品の数で考えたら10,000商品は見てきたような。

f:id:choumiryou_evangelist:20191128102245j:plain

 

私はつくり手さんがどのような人たちなのか、

どんな場所で作っているのか、

味や匂いなど5感で感じる大切さを伝えています。

 

なので皆さんにも行ってほしい!

地域の調味料を知ってほしい!です。

 

それはメーカーさんのためにもなると思うから。

 

時々聞かれるのは、

「蔵見学に行きたいけれど、その時にどうやってお話ししていますか?」って。

 

こうすれば良いという手引きみたいないものはなく、

そのメーカーさん、メーカーさんに合わせて依頼をします。

 

HPにかかれていれば、そこを見て予約して行くし、

見学できるかわからない…ってところは行ってからお願いする場合も。

 

旅行先の場合は、行く経路の間に何かないか調べたり、

行った先で見つけたときも入ってみます。

 

見学コースができていれば、それに合わせて見せていただき、

そうでなければ、聞いてみる。

 

コツでもなんでもなく、

湧き上がってしまうものを抑えられずに、

興奮しながら「ここに来れて嬉しい!」っててこと伝えると、

快く見せてくださったりすることも。

 

ただ、1つ気を付けているのは、

・誰からの紹介です!

・〇〇の雑誌に掲載されていたのを見て!

・〇〇のお店で販売していて、よく買ってます!

って、どうしてうちの調味料を知っているのか、

しっかり伝えるようにしています。

 

メーカーさんにとっても、

急に来て不信感も感じることもあると思うので、

自分たちの商品をどうして知っているのか、

共通の知り合いがいる安心感などを持ってもらえると、

色々とお話しを伺うことができるんじゃないでしょうか。

 

なので、講座でさまざまなメーカーさんをご紹介するのですが、

行かれるときや、注文するときは

「下倉さんから聞きました」

「下倉さんの講座に参加して…」と伝えたらスムーズだとお伝えするのは、

そんな理由があるからです。

 

購入したからといって、私にマージンなどありませんし、

そういうのを求めているわけではありません。

 

行ったよ~、買ったよ~の報告や、

メーカーさんからの感謝の連絡が嬉しくてたまりません♪

 

見せていただけなくても、

お話しを伺うだけでも得るものはたくさん。

商品の疑問点を質問しながら、

いろんなお話しを聞いていくような感じで。

 

ただ、

すべてのメーカーさんが一般の方を受け入れているわけではありません。

商品を販売しているお店があるメーカーさんは行きやすいですが、

ただ製造しているだけのところは難しい場合もあります。

 

また仕込みの時期など忙しい時もあるし、

受け入れ時期を制限していたり、

人数制限があったり、子連れ不可だったり、

大事な菌の問題もあるので、そのあたりは注意が必要です。

 

敬意を払って、伺ってくださいね。

 

色々とお話しをうかがえたメーカーさんほど、

応援したくなる、使いたくなる、

人に伝えたくなるのが人間です。

 

ぜひぜひ、お気に入りのメーカーさんを見つけてください♪

【zoom・限定20名!】調味料のアレコレ、解決します!

限定20名!
【調味料のアレコレ、解決します!】

zoomを使用して、マンツーマンで
あなたのお悩み、疑問にお答えします!

f:id:choumiryou_evangelist:20191126100817j:plain
調味料のことで、
モヤモヤしていることや
どう選んだらよいかわからないものはありませんか?

せっかくなら年内に解決しましょう!
そのサポート、させていただきます!

マンツーマンなので、
その方のライフスタイルや
普段使われているモノ、
買い物に行くお店に合わせて提案していきます。

調味料に関することでしたら、
どんな質問でも構いません。
(主に専門は、砂糖、塩、酢、醤油、味噌、みりん、油です。)

時間内でしたら、
何でも聞いてください。

普段家族の食事を作られている方、

子育て中のママはもちろん、
料理教室の先生や、
調味料のことを伝えていきたい人、
調味料メーカーさんなどなど、
誰でもwelcome!

 

調味料は毎日使うもの。
知れば、一生モノです。

 

そして今回、いただく代金は全額、
シャイネン のあ~ちんこと
うめのあゆみ さんが立ち上げた
かあちゃんず支援」に寄付させていただきます。

今、ありがたいことに
講座をさせていただくと、
うめのさんからの紹介で…という方がとても多いです。
福岡に住んでいた時も、何度も主催してくださいました。

その恩返しになればと、
全国のかあちゃん達のネットワークを通じ、
被災された地域の支援をさせていただきたいと思います。


今年も終わろうとしているこの時期に、
私のできるサポートさせていただきたいと感じました。

 

普段の食生活の見直しのきっかけに、
家族の健康に、
調味料を選ぶ楽しさも合わせて、
生活全般を考える機会にしてください。

 

1人1人いただいた質問は、
事前にお答えできるように準備して対応いたします。

ということで、
5日間、各4名(計20名)限定とはなりますが、
調味料のアレヤコレヤ、解決いたします!

【詳細】
■日程:9日(月)、11日(水)、12日(木)、14日(土)、20日(金)

■時間:9時~、10時~、11時~、12時~ (各回30分程度)

■代金:¥2.000-(全額寄付いたします。)

■申込:https://ws.formzu.net/fgen/S24531428/

※30分間を有効に使うため、
聞きたいことはできるだけ詳しく書いてくださいね!

【愛知県碧南市】白しょうゆ出前授業と私の伝えたこと

愛知県碧南市は、白しょうゆの発祥の地です。

現在3社(ヤマシン、日東醸造、七福醸造)があり、

白しょうゆや、それを素にした白だしなどを製造しています。

 

そんな碧南市では、

市が各小学校で主催する「白しょうゆ出前授業」があります。

 

全国で「しょうゆ出前授業」というのはあって、

依頼を受た小学校に、近くの醤油屋さんが行って醤油の授業を行います。

その白しょうゆバージョンが碧南市で開催しているもの。

 

先日、その様子を見学させていただきました!

 

まず1時間目は白しょうゆ博士が白しょうゆについてお話しします。

今回の担当は日東醸造さん。

3社、持ち回りで担当されているそう。

f:id:choumiryou_evangelist:20191125151836j:plain

しょうゆの香りは何種類ぐらいある?

しょうゆって何からできる?

白しょうゆと濃い口しょうゆって、どんな違いがあるの?

味の違いは?

 

そんなことを学びます。

今回は4年生だったかな。

みんなクイズに答えていきながら、すごく楽しそう!

 

そして2時間目は白しょうゆを使った料理の試食。

担当は、碧南市で和食料理屋さんをされている一灯の長田さん。

f:id:choumiryou_evangelist:20191125151905j:plain

漬物の味比べをした後に、だし巻き卵をデモで作りました。

f:id:choumiryou_evangelist:20191125152133j:plain

みんなプロの技に興味津々。

だし巻き卵も美味しかった~!!(→私も味見させてもらいました・笑)

 

このような活動を長年続け、

碧南市にある調味料により親しみをもってもらえるよう、

子どもたちに伝えています。

 

この見学後、

私も別の小学校で2時間目を担当するというお役目をいただき、

行ってきました!

 

元気な元気な3年生!!

収集つかなくなりそうでしたが、何とか終わりました。
 
プロの料理人と同じだし巻き卵はできないので、
今回、私なりにできること…と考えたとき、
袋の中でモミモミしてもらう漬物を2種食べ比べ。
甘めの大学芋を作ることにしました。
(なんと、一灯さんが助手になってくれるいう…)


大学芋の味付けは、
みりん、白砂糖、白しょうゆ。
 
この3つとも作られているメーカーがあるのが碧南市
そんなことも紹介できたらなって思って。

(ホントすごいよね、碧南市って!)
 
茶色のみりんの色を見て、
「みりん!」と答えられることがさすがでした!

f:id:choumiryou_evangelist:20191125153234j:plain

 

 

各地で調味料の講座をするときも、

そこで入手できるもモノや、調味料メーカーを紹介するようにしているのは、

みんなそれぞれ住んでいる場所を誇りに、好きになってほしいから。

そんなことも調味料から伝えたいと考えています。

 

元気な元気な3年生に少しでも伝わったかしら!?

大学芋が美味しかった~!ってだけでも良いんだけれど、

いつか自分で買い物や料理をするときに、

ふと思い出してくれることを信じて!

 

また次回も、機会があればチャレンジしたい!