調味料の魅力に迫ろうじゃないかい!

普段の活動のことなど、発信しています。

味噌造り教室を開催する難しさ

寒くなってきました!味噌の仕込みを考える時期です。

 

発酵ブームもあって、味噌を自分で作る方も増えてきましたね。

SNSでも教室の募集を目にしますし、

味噌づくり教室に参加した~というような投稿も、これから寒くなるにつれ増えてくることでしょう。

f:id:choumiryou_evangelist:20171022235119j:plain

講師をするようになった経緯

私自身、味噌造り教室を4年前からしています。

 

もともとは、10年ほど前、知り合いの味噌屋さんを講師に、味噌造り教室を主催していました。

各回10名ほどの参加で、10回ほど企画したかと思います。

 

それから数年たった頃、味噌屋さんが辞められることを知り、その前にづくり方を1から学び、機材を受け継ぎ、私自身が講師となってお伝えするようになりました。

 

1シーズン10回ぐらい開催し、約5名前後の参加で、4年間。

合計200名ほどの人に参加していただきました。

f:id:choumiryou_evangelist:20171023004029j:plain

内容が違いますが、子ども向け、親子向けの教室も1回10~12名、10回程度開催で100名以上の人に参加していただきました。

f:id:choumiryou_evangelist:20171023004009j:plain

f:id:choumiryou_evangelist:20171023004017j:plain


これまでたくさんの方に喜んでいただけましたが、

講師として準備&お伝えするときには、ホントに沢山のことを考えないといけません。

 

なので私からすると、アチコチで味噌造りの教室を見かけるけれど、その難しさをどれぐらいわかってやっているのだろうか…と感じたりします。

 

味噌造りの難しいところ

味噌造りをすること、教えることの難しいところは、

・数ヶ月熟成させるので、おいしく出来上がるかわからない

・塩によって塩分濃度が変わる

・どこまで材料をこだわるべきか

・伝えた作り方の味噌が、参加者にとっておいしい味噌とは限らない

・カビが生えてしまうと、嫌がる方がいる

・準備が大変な割に、利益が少ない  などなど、色んな問題があります。

 

なので、私自身も、出来上がりの時期あたりは、皆さんおいしくできたのかしら…と不安になることも多々。

ただ、また来シーズンに参加してくださる方がいると、一安心するって感じです。

 

なので、今まで私が考えてきたこと、準備をどのようにしてきたのかなどを皆さんへお伝えする講座を企画しました。

講座内容

この辺り考えて準備をしていけば、ステキな教室になると思うし、個人で作る場合にも自分に合った味噌を作ることができるようになると思います。

 

・味噌の効能
・大豆と麹の配合について
・麹の選び方
・塩の選び方・塩分の計算方法
・味噌の作り方
・熟成の仕方、カビ対策
・講座を開催する時に準備するものや料金の決め方、注意点 などです。

 

そして私が教室で作っている、30割の米味噌・麦味噌の分量&作り方もお伝えします。

 

去年、臨月のお腹で開催した時の様子。

f:id:choumiryou_evangelist:20171023004024j:plain

 

f:id:choumiryou_evangelist:20171023004320j:plain

 

これから教室をしてみたい!という人だけでなく、

1人でも作れるようになりたいという人にもオススメです。

 

尚、東京と名古屋で開催しますが、

東京は、通信教育「食学調味料講座」の受講生のみ、造る工程は画像を見ながらお伝えします。

名古屋は、だれでも参加可能です。デモンストレーションで味噌もその場で作ります。(持ち帰りはありません)

 

以前暮らしていた福岡でも何度か依頼をいただき、開催していた講座です。

通信教育を出している国際食学協会より、内容が素晴らしい!ということで、

東京では受講生のみのパワーアップ講座として企画することになりました。

ただ、名古屋ではだれでも参加可能ですので、この機会にぜひ!

 

※この時期を逃すと、次は来シーズンになる可能性がありますので、お気をつけください。

 

【東京】12/1(金)11:00~12:30 (通信教育受講生限定)

IFCA【国際食学協会】 | おいしい食学セミナーのお知らせ

 

【名古屋】12/5(火)10:00~12:00(どなたでも参加OK)

https://www.facebook.com/events/134428480535773/

 

お待ちしています♪

【開催報告】たまり醤油を楽しむ会@たまりや山川醸造

岐阜市にあるたまり醤油を作っている山川醸造さんにて、

一番搾りのお土産付!たまり醤油を楽しむ会」を開催しました。

 

岐阜をこよなく愛す「岐阜OYA-KO共育委員会」代表の上松恵子さんと共催で。

彼女のお陰で、午前・午後ともに満員の申し込みをいただきました~!

f:id:choumiryou_evangelist:20171019225042j:plain

イベント開催のきっかけ&メリット

まず、今回のイベントを開催することになった経緯から。

 

山川醸造さん自体、個人向けのイベントを積極的に開催しています。

そのイベントを見学させていただいた際、蔵の様子や醤油に対する思いなどに感動しました。

ただ、もっとここを強みとしてアピールするのが良いのではないか…などなど、私からすると少しもったいない気がしたんです。

 

そんな中、上松さんと知り合い、岐阜の企業をもっと元気にしたい!岐阜に住むママたちに岐阜の良さをもっと感じてほしい!という思いを聞き、一緒に山川さんでのイベントを提案させていただくことになりました。

 

また、年々醤油の出荷量が減少する中、たまり醤油の減少は他の醤油に比べ大幅に落ちています。
その量を増やしていくためには、やはり地元の方々に知って使っていただくことです。
良さを知ったら使いたい!っていう人はたくさんいるはず!

 

良かったことは、第3者が入ってイベントを企画し募集をかけたことで、また別の層の方を集めることができたこと。

そして、私たちが同じ消費者目線で参加者へフォローできるのは、参加者により山川さんの良さを伝えることができたことです。

イベント内容

今回は、私から醤油のこと、たまり醤油とこいくち醤油の違い、木桶のことなどを少々。

その後、山川さんより、たまり醤油の詳しい作り方やこだわりなどを聞きながら、蔵をめぐります。f:id:choumiryou_evangelist:20171019225104j:plain

皆さん真剣です!

 

たまり醤油の特徴の1つ、木桶の下の方に栓がついています。

熟成が終わると、まずここから醤油を出します。これが一番搾り

その様子を見学します。

f:id:choumiryou_evangelist:20171019225057j:plain

こんな素敵なところも激写。

f:id:choumiryou_evangelist:20171019225046j:plain

桶の中も見させていただきました!

f:id:choumiryou_evangelist:20171019225055j:plain

たまり醤油は、「汲みかけ」という方法で桶の中の循環をします。

その様子を見学しました。

 

そして、一番搾りがすべて出た後に残ったもろみを搾っていく工程の見学です。

f:id:choumiryou_evangelist:20171019225103j:plain

搾りたても味見させていただきましたが、とってもおいしかった~♪

 

そしてそうめんや漬物、トーストの味見などをした後は、お持ち帰りの醤油を詰めます。

(私からは、醤油5種類の味見を用意しました♪)

f:id:choumiryou_evangelist:20171019225044j:plain

詰め替えができる、密閉容器を用意してくださいました!

予定では100mlでしたが、山川さんのご厚意でなんと200ml!

しかも岐阜市産の大豆を使用した「長良」という商品の一番搾りです。

 

お子様連れの方も沢山参加してくだいました!

 

参加者からの感想

f:id:choumiryou_evangelist:20171019225053j:plain

f:id:choumiryou_evangelist:20171019225051j:plain


参加したかたより、

・たまり醤油をどう使ったら良いかわからなかったけれど、おいしいことがわかってこれから活用していきたい

・塩分が強いイメージがあったけれど、とってもまろやかでこいくちよりもしょっぱくなかった

・山川さんの思いを知ることができて感動した

・岐阜にこんなにステキなところがあるなんてすごく誇りに思う

・木桶で仕込む大変さを知ることができた …などなど

 

たくさんの感想をいただくことができました。

また、各自SNSなどにもUPしてくださったので、参加していない方々にも認知が広がったと思います。

これで終わりにしない…

ママたちのイベントって、終わったらそれで終了!ってことが多いですが、それだとそこからつながらないことも多いです。


このイベントはちょっとしたきっかけです。
 

参加した方々を「たまりや山川醸造を楽しむ会」というグループに招待させていただき、そこでたまり醤油をどのように活用したのか投稿していただくことで皆さんでより楽しんで使っていただけるような仕組みを作りました。

また、これから開催報告書も提出し、反省&今後へどのようにつなげるかなど、また山川さんと話していきたいと考えています。


知れば使いたい調味料はたくさんあるはず! 

今回のイベントを開催したことで、こだわって作っているけれどなかなか認知されていない、消費者へPRが難しい…と考えているメーカーさんのお手伝いできることはたくさんある!と感じました。

 

きっとうまく伝われば、広がっていくものはたくさんあります。 

 

私のような第3者が伝えることで、より柔らかくPR可能だし、良さもより伝わります。

これから少しずつそのような企画にも取り組んでいきたいです。

 

私にとっても大きなきっかけになったイベントでした。

山川さん、上松さん、参加してくださった皆さん、ありがとうございました!

調味料からみる、東海地方の独特な文化

8月から6回講座で
『なごや学~たまり醤油・豆味噌~』という講座に参加しました。

 

豆味噌・たまり醤油の歴史、

メーカーや組合の方からの製法や、どのように認知を広げているのかという話し、

栄養のこと、

料理教室(きしめん・味噌煮)などなど、

ホントに盛りだくさんな内容でした。

 

おそらく滅多に話しを聞く機会が持てないような、

博物館の方から、大学の教授、メーカー、醤油組合、有名店の社長、有名料理長・・・

すごい人たちから、愛知県独特の調味料について学ぶ機会があるなんて、

私のためにある講座だったんじゃないかと錯覚するぐらい(笑)

 

今、いくつも調味料メーカーに伺い、見学させていただいていますが、

それに加えてこの講座のおかげで、さらにパワーアップすることができ、大きな自信にまりました。

伝えたいことが沢山出来ました!

 

今日はそんな中、1つわかったというか、腑に落ちたことがあったので、ご紹介します。

必ず出てくる三英傑!

6回の講座の中に、必ず出てくるのが三英傑。

三英傑っていうのは、織田信長豊臣秀吉徳川家康の3人のこと。(知らなかった私…)

 

この東海3県ではホントにヒーローで、この3人が天下をとれた裏には、豆味噌・たまり醤油があったという、調味料の歴史として外せない部分を知ることができた気がします。

 

歴史が苦手な私でも、なんか興味が出てきたぞ!

f:id:choumiryou_evangelist:20171004221058j:plain

f:id:choumiryou_evangelist:20171004221009j:plain
これは2年前の写真です。たまたま名古屋経由で帰省した時に撮りました。
まだ引っ越してから名古屋城には行けてません…。

なぜ、調味料が広がらなかったのか

たまり醤油・豆味噌は、東海3県で作られている調味料です。
他ではほとんど作っていません。

東海地方のスーパーでは、普通に置いてありますが、他ではなかなか手に入りません。

 

また、今見学させていただいている調味料メーカーも、醤油・味噌は、ほぼたまり醤油と豆味噌を作っています。

 

天下を取った三英傑がいたのであれば、この地域から全国へ行った人も多かったはず。

行った地域にたまり醤油や豆味噌がないなら、そこで作らせることもできたように思います。

そしたら今、もっと全国的に広がっていたんじゃないかな…。

 

しかし、東海3県のみしか広がらなかったのには、理由がいくつかあるようです。

 

その1つは、このたまり醤油・豆味噌があったからこそ戦に勝てたということ。

だから、この味噌・醤油だけは教えてはならぬ!と、他の地域に広めてはいけないとなったようです。

栄養価も高く、腐りにくいため、長期戦の戦いにも有効的だったんですね。 

今の世の中にも根付いている

そんな文化は、今の愛知県人にも根付いていると感じることがよくあります。

以前住んでいた福岡とはなんとなく違うなぁ…と感じている部分でしたが、この調味料の講座を受講して、納得しました。

 

自分がいい!と感じたものを広げていこうと考えるよりも、

より自分のものにしたい!と考える方が多い。

そして良い!と思ったことには、とても熱心である。

 

私の講座も、マンツーマン依頼が多いのはそんな理由があるような気がしました。

 

愛知県で成功したら、全国で成功できる!と言われているのは、

良いものを世の中に広めていく、伝えていく文化ではないところなので、

いわゆる口コミが少ない、広がりにくいところだからかもしれません。

けど、いったん受け入れられたらすんごいことになるのもわかります。

 

私自身、一人でやっていくにあたり、毎日が試行錯誤の連続ですが、

調味料の文化からその地域の人を知る機会になり、とても興味深く、これからの活動の参考になっています。

 

やっぱり調味料って奥深くて面白い。

 

これからのたまり醤油・豆味噌

世の中が発展し、今はこの東海地方でも豆味噌・たまり醤油を愛用する方が少なくなっているのが事実です。

この20年近くで、たまり醤油の生産量は愛知県で70%も落ち込んでいるというデータもあります。

 

部外秘にしていたことが、逆に今は広がりにくく、受け入れにくくなっているのも事実です。

愛知県醤油組合の方の話しを聞き、色々と取り組みをされているようですが、うまくいってない雰囲気を感じました。

 

調味料メーカー的には、これからの存続をどうしていくのか…というのは、とても大きな課題だと思います。

 

そのあたりも考えながら、私自身も少しでも役に立てるように動いていきたいと思います。

これからの講座は、少し歴史の部分にも触れられるかな。

お楽しみに…。